リバティプリントの生地を知る

リバティプリントを知る

リバティプリントが日本で流行る理由

リバティプリントが日本で流行る理由 最近ファッション雑誌やおしゃれ系のサイトでよく目にする「リバティプリント」の文字。
もともとはロンドンのリバティ社オリジナルのプリントでしたが、広い意味では小花柄を全面に配したプリントのことも指しています。
リバティプリントが流行る理由はまず、その小花柄の種類の豊富さです。
色あいは、ピンク系、パープル系、ブルー系、イエロー系、ホワイト系など豊富なバリエーションから選べますし、落ち着いたもの、淡い色のもの、カラフルなもの、可愛らしい感じのもの、大人な雰囲気のものなどがあるので、幅広い年代の人に受け入れられます。
また花の種類も、デイジー、アネモネ、ひまわり、ゆりなど様々な形状の花をモチーフとしていますし、時には葉っぱも一緒にデザインに組み込んでいるので、誰でもお気に入りを見つけることができるでしょう。
もう一つの理由が、リバティプリントを使ったアイテムの種類の多さです。
小花柄なので、シャツ、ワンピース、スカートなどの洋服や、ペンケース、ポーチ、バッグ、財布などの小物に加工しやすく、自分用はもちろん、贈り物にもぴったりです。
女性らしさを演出してくれるおしゃれな小花柄のリバティプリント。
ぜひ上手に取り入れ、日常に華やかさを取り入れてくださいね。

リバティプリントの特徴

リバティプリントの特徴 リバティ社のオリジナル生地である、リバティプリントには独特の特徴があります。
その特徴とは、細かくて繊細な花の模様です。
可愛らしいだけでなく、品があり、独特の清潔感や華やかさが感じられます。
子供っぽくはなく、大人の女性にも似合うデザインとなっています。
花をモチーフにした柄は非常に種類が豊富で、リバティプリントというと花柄のイメージを思い浮かべる方も多くいらっしゃるかもしれません。
けれども、リバティプリントは花柄だけではありません。
ペイズリー柄、幾何学模様などの柄もあります。
また生地は、コットン100パーセントでもシワになりにくく、シルクのような肌触りであるタナローン生地を使っているものが代表的です。
現在は、百貨店や手芸ショップ、インターネットなどで購入することができます。
リバティプリントを使えば、小さなカットクロスでも、とても可愛い小物が作れます。
ハンドメイドをする時にも、ぜひ使用をおすすめしたいものです。