リバティプリントの生地を知る

リバティプリントを知る

リバティプリントの生地でオリジナル小物を作ろう!

リバティプリントの生地でオリジナル小物を作ろう! 素敵な柄のリバティプリントを使ってオリジナル小物を作るのは楽しいものです。
他の生地で作ったものとはひと味違う存在感のあるものが作れます。
自分用のものを作るのも嬉しいものですし、誰かにプレゼントするものでも、相手の喜ぶ顔が想像できてわくわくします。
生地の感触もとてもいいので、作っているあいだに感触が楽しめて一石二鳥です。
ポーチやお財布、ティッシュケースやペンケース、お弁当入れなどの袋物類にはぴったりです。
シンプルな巾着袋でも、柄の存在感でとても華やいで見えます。
小花のかわいらしさを生かして、シュシュを作るのもおすすめです。
また、クラシカルで理知的な雰囲気もあるので、ブックカバーにも向いています。
どんなものを作るときでも、もちろん全体をリバティプリントで作るのも素敵ですし、アクセントになるように部分的に取り入れるのもおしゃれです。
また、パッチワークをするときにも、その中にちょっとリバティプリントを混ぜると、全体の雰囲気がぐっと格上げされる感じになります。

春夏におすすめなリバティプリントの柄とは?

春夏におすすめなリバティプリントの柄とは? リバティプリントといえば、小さな花柄。
まさに、明るくまぶしい光に包まれる春夏の季節にぴったりです。
緑や黄緑、様々な色が混ざった草花が息吹いて、ぐんぐん伸びる季節だから、植物の柄もすてきです。
青い空や海をイメージするような生地に、白いマーガレットの花がちりばめられているリバティプリントの柄は、ガーリーな雰囲気で、楽しくなります。
また、白地に原色のはっきりした色であでやかな花が描かれているのも、ぱあっと周りを明るくし、人目をひく魅力がいっぱいです。
逆に、モノトーンの柄もシックで東洋のイメージに包まれます。
春夏のリバティプリントの柄は、自然の鳥のさえずりや、ここちよい風の音、打ち寄せる波、深い海に生きる魚を感じることのできる柄がおすすめです。
満天の星の中や、まぶしい春夏の光に映えるおしゃれな柄を楽しむことのできるリバティプリントは、身に付けている人はもちろん、周りの人も、季節感を感じることができます。